記事インデックスに戻る

2016.08.10

スズキ歴史館 「夏休み こどもわくわく体験2016」を開催!

8月6日(土)、7日(日)、子ども向けの夏休みイベント「冬休みわくわく体験2016」を開催しました。
近隣の方はもちろん、遠方からのお越しいただいた方も多く、2日間で約2,000人という過去最高のお客様にご来館いただきました。中には「歴史館に来るのは10回目!」というリピーターの方もいらっしゃいました。いつもありがとうございます。

今回は、「キラキラ」がテーマで、ヨーヨーづくりと、万華鏡づくりを行いました。どちらも廃材となってしまう空カプセルを利用た工作です。LEDライトがピカピカ光るヨーヨーはとても人気があり、小さなお子さまも楽しんで取り組むことができました。また、万華鏡づくりでは、カプセルの中に、クルマに使われているペレットを入れることができ、覗いて見える幻想的な世界に大人も楽しめたようです。これらのクラフトは歴史館のスタッフが企画し、材料もほぼ手作りです!

また、1階のホールでは特別企画「防災を知ろう!」を行いました。
NPO法人浜松こそだてネットワークぴっぴさんご協力の元、オリジナルトランプを使用した防災シミュレーション体験や紙芝居を行い、多くの親子連れが参加されました。また身近なもので作れる防災グッズコーナーでは、「ゴミ袋で雨合羽」「新聞紙でスリッパ」を作っていただきました。災害から自分の命を守ること、そして参加した人たちみんなの命が守れるようにと、子どもも大人も、誰もが真剣に取り組みました。

他にも、1階のショールームでは、東京オートサロン2016に出品したハスラー ラフロード スタイルと、アルトワークスGPを展示し、注目を集めました。

これからもスズキ歴史館では、“ものづくり”をお楽しみいただけるイベントを開催いたします。次回のイベントにご期待ください。

オリジナル減災トランプで防災について「楽しく」「真面目に」学びました!

  • ゴミ袋で雨がっぱを作りました!いざという時、役に立つね

  • 光るヨーヨーを作りました!イラストひとつにも真剣です

  • 万華鏡づくりにチャレンジ!きれいな世界がのぞけたかな?

  • たくさんのご家族に参加していただきました

ページトップへ