記事インデックスに戻る

2015.12.21

冬休みこどもフェスタ2015 ものづくりに挑戦! を開催!

12月19日(土)、20日(日)、子ども向けの冬休みイベント「冬休みこどもフェスタ2015 ものづくりに挑戦!」を開催しました。
今年で6回目となる今回は、お子さま連れのご家族などを中心に、2日間で過去最高の約1,800人という大変多くのお客様にご来館いただき、館内はとても楽しい雰囲気に包まれました。

今回も季節にちなんだ門松づくりを始め、“ものづくり体験”をテーマに、工作コーナーを3つ設けました。

冬のイベントの恒例「ミニ門松」づくりは、整理券を配布しての参加型でしたが、整理券はあっという間に配布済みとなり、予想を超える人気でした。より多くのお客様に参加していただくため、急遽スタッフが材料の竹を切る作業をするなど対応に追われましたが、お客様の笑顔を見ることができてスタッフも満足です。作って楽しく、飾って満足。ものづくりの楽しさが凝縮された工作です。

クリスマスにちなんだ工作として、クルマのシートの生地を利用した「キャンディバスケット」づくりを行いました。裁縫の要領で生地をバスケット型に仕上げて、完成するとお菓子のプレゼントがもらえます。少し難しかったようで、途中でお母さんに助けを求めるお子さんもたくさんいらっしゃいました。でも、苦労した分完成したときには喜びもひとしおです。

また、人気のバスボム(泡立つ入浴剤)づくりも行いました。今回はクリスマスということで、星のスーパーボールを中に仕込み、お風呂で溶かすと最後にスーパーボールが飛び出る仕掛けです。簡単で、しかも実用的。家に帰った後も楽しめるので、ママたちもわくわくしながらお子さんと一緒に参加されていました。

これからもスズキ歴史館では、“ものづくり”をお楽しみいただけるイベントを開催いたします。次回のイベントにご期待ください。

がんばって完成させたね!笑顔で記念写真!

  • 大賑わいのキャンディバスケットを作るコーナー

  • 友達と確認しながら真剣に取り組んでいます!

  • 重曹とクエン酸をぐるぐる混ぜて、楽しいバスボムづくり

  • 門松づくり 上手にわらを編めるかな?

ページトップへ