記事インデックスに戻る

2013.12.23

冬休みこどもフェスタ2013 「ものづくりに挑戦!」を開催!

12月21日(土)、22日(日)に、スズキ歴史館で子供たちを対象としたイベント「冬休みこどもフェスタ2013 ものづくりに挑戦!」を開催しました。寒さが厳しい二日間でしたが、今回もたくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございました。

スズキ歴史館恒例ともなってきた冬のイベントですが、今回もクリスマスやお正月にちなんだ“ものづくり体験”をテーマにした工作コーナーを3つ用意しました。企画や材料の選定などはすべてスズキ歴史館スタッフのオリジナルです!

今年は、お正月の工作として「羽子板」づくりを行いました。木の板に、折り紙で作った宝船や鶴、富士山などをボンドでつけて、盛りだくさんの華やかな羽子板にしあげます。決まった大きさの中で、ひとりひとりがお気に入りの装飾をして、個性豊かな羽子板がたくさん出来上がりました。
クリスマスにちなんだ工作としては、紙コップで「クリスマスブーツ」をつくっていただきました。紙コップにブーツの先をつけて、折り紙を貼ったり、好きな絵を描いてみたり、かわいいブーツを完成させました。この手作りブーツを持って、館内にいるサンタさんを見つけると、お菓子のプレゼントがもらえるお楽しみもありました。また、枝やまつぼっくりなどの自然の素材をボンドで接着してつくる「メモホルダー」をつくるコーナーも好評でした。作品を完成させると、早速サンタさんへのメッセージをメモ用紙に書くお子様もいらっしゃいました。

規格品ではない、手作りの工作だからこそ世界にひとつだけの作品ができあがります。参加した子供たちには、ものづくりの楽しさを満喫していただきました。「来年も来たい!」といううれしい声も聞くことができました。

オリジナル羽子板づくり。親子で真剣に取り組みます!

  • 羽子板、完成!立派な羽子板が出来上がりました。

  • クリスマスブーツづくり

  • 自然の素材で作ったメモホルダー

ページトップへ