記事インデックスに戻る

2013.08.03

スズキ歴史館 「夏休み体験学習2013」を開催!

8月3日(土)、4日(日)に、スズキ歴史館で夏休みのお子様を対象としたイベント「夏休み体験学習2013」を開催しました。今回もたくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございました。

今回は、スズキデザイン部のデザイナーが講師となり、「未来のクルマ」をテーマにスケッチの基礎を子ども達に学んでもらう「デザイン教室」を行いました。プロペラや羽のついた空飛ぶクルマなど、子ども達のアイデアを基にデザイナーが描き方・色付け方など、クルマを描く時のコツを伝授しました。参加された方は、最後まで投げ出すことなく全員が一枚のスケッチを完成させることができました。

このほか、ペットボトルのキャップのタイヤを材料にしたジムニーの「ペーパークラフトカーづくり」や自分の好きな絵を描いて骨に貼り合わせる「うちわづくり」も行いました。完成したクラフトカーは、ゴールするとランプが点灯する特別コースで走らせることができ、子ども達は何回もレースに挑戦して楽しく遊んでいました。

また、スズキは創業時、織機メーカーであったことから、歴史館オリジナルの簡易木製織機で“コースター”をつくる「手織り織機体験」も実施しました。参加者には好きな色の糸を選んでもらい、色とりどりのコースターが完成しました。

スズキ歴史館では、今後もご家族みんなでお楽しみいただけるイベントを開催します。次回は12月に予定していますので、みなさまのご来館をお待ちしております。

デザイン教室

  • デザイン教室

  • ペーパークラフトカーづくり

  • うちわづくり

  • 手織り織機体験

ページトップへ