革新・貢献(1978~1985)

2度のオイルショックなどを受け、革新的な進化を遂げた軽自動車「アルト」の誕生についての紹介を始め、国の発展にもつながった独創的なスズキの海外進出についても紹介しています。

このブースの展示物

二輪車

1978年 GS750E
1980年 GS650G
1980年 DR400S
1982年 GSX400FS インパルス
1982年 XN85
1986年 カバルケード GV1400LXE 
2000年 GSX-1100S カタナ ファイナルエディション
1986年 イントルーダー エクストラ リミテッド(VS750)
1983年 RG250Γ
1985年 GSX-R750
1982年 ウルフ(WOLF)
1984年 バンバン50(RV50)
1985年 DR600R DAKAR
1986年 RB50 GAG
1983年 GN125E
1983年 GR650
1984年 GSX-R
1985年 RG400Γ
1986年 ハスラー50(TS50)
1986年 GSX400X インパルス
1979年 エポ(EPO)
1980年 ユーディーミニ
1981年 バーディー50
1980年 スージー(FA50)
1982年 ラブ(LOVE)
1986年 モレ
1983年
1989年 セピア
1987年 ハイR
1987年 GSX-R1100

四輪車

1979年 ジムニー55(SJ10)
1979年 アルト(初期型)
1979年 フロンテ
1981年 ジムニー(SJ30)
1983年 マイティボーイ
1984年 カルタス(初期型 カナダ輸出車と同型車)
1985年 アルト(二代目)麻美スペシャル

特機など

1983年 ALT125D
1983年 LT125D

特別展示

1965年 船外機 D55
1977年 船外機 DT5
1977年 船外機 DT25
1987年 船外機 DT200 EXANTE
1994年 船外機 DF99
1998年 船外機 DF60
2006年 船外機 DF300